機器更新

放射線科NTです。

4月になり新しい年度になりましたね。新入学や新入社など新たなスタートを切る季節になりました。豊生会にも多くの方が入職されました。
放射線科には新人さんではなく、新しい機器が入りました。
X線透視装置という機器で、その名の通りX線を使って体の中を透視する機械です。

放射線機器

放射線機器

放射線機器

一般的にイメージしやすいのが胃のバリウム検査の時に使う機械です。
今まで使っていた機械を新しいものに更新したのですが、前の機械は17年以上前に導入されたかなり古いもので、透視されて見える画像も見えづらくなっていました。もちろん新しい機械はくっきり鮮明。特に食べ物の呑み込みをみる検査の時はかなり見えやすくなりました。
そして、最大の特徴が今までアナログのフィルムに撮影していたものが、デジタル化されパソコン上で見ることが可能になった事です。
デジタル化されたことで、撮影された後に画像を加工して見えやすくすることも出来ます。透析患者さんの血管を撮影するときに有用で、骨と血管が重なって見えづらくても、撮影後に骨を除去する処理をすればはっきり見る事が出来ます。

放射線機器

放射線科の医療機器のフルデジタル化もあと少しです。
アナログが無くなり若干さびしい思いがするのはカセットテープ世代のおじさんだけでしょうか…。

カテゴリ:病院

2018年10月

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 元町ひまわりクリニック 通所リハビリテーション

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会