新緑

こんにちは、ひまわりWです。新緑の季節になりましたね。
朝と晩の寒暖差は残りますが、日中は、汗ばむ陽気になってきました。

 

 

写真は、少し前に北海道神宮へ散歩に行ったときのものです。
本当は、桜が開花しているところを見たかったのですが、タイミングが合わず。
目的を決めずに歩いてみましたが、
テイクアウトした飲み物が美味しかったり、外観が素敵なお店を発見し寄り道したり、
気分もリフレッシュでき、充実した散歩日和となりました。
(携帯していた歩数計が1万歩を超えていました。私にとっては、なかなかの歩数です。
運動不足を実感です)
みなさんも、機会があれば新緑の中を歩いて癒されてみてください。

花見

こんにちは。介護事業部のKです。
いつもはキャンプの事を書いているのですが、最近は行けておらず、、、
今回は、「お花見」です。
今年は、近場で小樽の手宮公園に行ってきました。翌日から天気が悪くなるという事で、4/30に行ってきたのですが、混んでましたねー(笑)

 

 

満開でしたねー。海・山・桜、水芭蕉、天気が良かったので、余計に綺麗でしたね。園内にある神社が閉まっていたのが唯一残念でした。。。
桜をバックに写真を撮ってインスタかな?(僕はやっていないのでわかりませんが・・・)投稿しているような若い子達がいたり、子供たちが遊びまわっていたり、お洒落なおじいちゃんがいたり。のんびりしていてリフレッシュできた1日でした。
混んでいたし、コロナの事もあるので一通り園内を散歩して帰ってきましたが、ゆっくりお花見してBBQなんかしちゃったりして満喫したいものです。
あと、、、桜の木の下?近く?でキャンプしたいなぁ。
という事で、次は今年初キャンプの様子をお伝えできればと思います。気持ちだけ高ぶって色々購入しているので、早く使いたい!

こんにちは。感染対策室のMです。
4月は新しい仲間も加わり心機一転スタートです。
コロナ感染者がなかなか減らない北海道。感染対策の継続が必要です。
先日、リハビリの新人職員を対象に手指衛生と個人防護具着脱の演習を行いました。
皆さん一生懸命取り組んでくれました。

個人防護具はいかに自分に病原体がくっつかないように脱ぐのがポイントです。
エプロンや手袋の表面に触らないように脱ぎましょう。

 

 

手洗いや手指消毒は一番簡単かつ一番効果的な感染対策です。
でもなかなか実践できないのが現実…
一見きれいに見える手でも、『見えない何かがついている(―_―)!!』
と思ってこまめに手をきれいにしましょう。

 

 

 

もうすぐゴールデンウイークです。
感染対策をしながら楽しい休日を過ごしましょう。

Dust dances

ライフプランセンターひまわりのKです。
4月も下旬に入り、春らしい陽射しと暖かな空気、そして砂埃がやってきました。
砂埃といえば、冬の間に歩道にたくさん撒かれていた「滑り止め用砂」ですが、あれはどこに行っているのかご存知ですか?もしかしたら、歩道に沿って、路側帯に積まれた砂を見て、何だこれはと思われたことがあるかもしれません。あれは滑り止め用砂が大半で、実は人力であのような形にされているのです。

私は大学生のころ、いろんなアルバイトをしましたが、その中でも「これはしんどい」という仕事に「砂の掃き下ろし」というのがありました。
冬の間に撒かれた砂が、雪融けとともに歩道にたくさん顔を出すのですが、竹ぼうきで延々と歩道の砂を掃いて車道に落としていく仕事です。

 

 

主に夜間、ひたすらホウキをかけていくという単純な作業なんですが、大変さもあります。ただただ何キロも歩いてホウキをかける。レレレのおじさんか、お寺の住職さんよりもホウキをかけまくるわけです。そうすると、砂埃が舞うわけで、マスクをしていても鼻の穴は真っ黒、目は真っ赤。足はパンパンに張り、手は豆だらけになるのです。きつい作業でした。
そして、歩道から掃き下ろされた砂は、スイーパーという作業車(でっかい掃除機みたいなもの)によって吸い上げられて、その後は水を撒かれて道路がキレイになっていくのです。
吸い上げられた砂は産廃として処理されます。

この連日連夜(概ね2週間位)の作業によって砂埃アレルギーを発症してしまったわけですが、今でもこの時期になるとアレルギーが出て、竹ぼうきを思い出すんです。

 

 

「大変な仕事している人のおかげで街がきれいに維持されているんだよ」と息子に伝えながら、今日もアレルギーと戦うお父さんでした。

こんにちは。病院 医療連携相談室のHです。
新年度に入り、医療連携相談室には、居宅介護支援専門員(ケアマネ)、施設相談員と、福祉系の事業に携わっていた2名のスタッフが医療ソーシャルワーカーとして新たに加わりました。
私がそのうちの一人です。
どうぞ宜しくお願いします。

 

話しは変わりますが
背丈より高かったあの雪も解け、ふきのとうの芽が顔を出し始めた今日この頃。
皆さん、どのようにお過ごしでしょうか?
先日、我が家は星野リゾートトマムへ行き、春スキーを楽しんできました。
3月下旬でも山頂はゴンドラが止まるほどの猛吹雪。
数年前、3月31日に阿寒湖温泉に行った時も全面結氷。
札幌は雪解けが進んでいる時期でも「雪」が楽しめる所はあるのですね。
寒いのは嫌。早く冬が終わって欲しい。
そう思っている方も、来年は、春に雪を楽しむというのは如何でしょうか?

 

 

手作り大好き、情報企画課A部です。

雪も解けてすっかり春ですね。
編み物も春夏シーズンに突入です。
今年は何を編もうかとワクワク思案中です。

近頃お店なんかでモチーフ編みのセーターやバッグを見かけます。
今年のトレンドなのかもしれないですね。
ちなみにモチーフ編みとは、四角や丸い模様を編んだモチーフをつなぎ合わせて作るものです。

数枚を繋げてちょっとした敷物とか・・・

 

 

たくさんつなげて・・・

 

立体的なモチーフで飾り付けたカーディガンとか

 

↑これらは何年か前に作ったものです。
次回の更新の時には、新作が紹介できるといいなぁ( ^ω^ )

こんにちは。病院 栄養管理科 管理栄養士のAです。

このコロナ禍でみなさん自宅時間をどのようにお過ごしですか?
自宅で過ごす時間が長いと、趣味の時間が増えますよね…。

我が栄養管理科の仲間にはとても手先が器用な管理栄養士がいます。
(氏名は本人の希望により非公開です 笑)
元々、編み物や小物作りが得意で、びっくりするような素敵な作品を作って見せて
くれます…
今回は4歳の愛娘さんが喜ぶ顔が見たい!と「りかちゃん人形」の服を手作りしました。

 

 

見事な出来栄えに感動します!!
衣装は全て手作りで、もちろん椅子もクローゼットも手作りです!
親子でほっこりと着せ替えを楽しんでいる様子が想像できますね…。

『生理が2カ月以上遅れているんです。助産師さんと話せますか?』

 

先日、女子中学生がクリニックを訪れました。

 

『食欲がなくて吐き気がする。』

『親には秘密だけど、性交渉の経験があります…。』

 

新型コロナウィルスの影響で休校になった自粛期間、10代の妊娠相談が増加しているそうです。

 

『妊娠したかもしれない、どうしよう…』

 

当院にもそうした不安を抱えた若者たちが相談に来ます。

 

10代からの「予期せぬ妊娠」の相談や、性被害に遭う子どもが増加傾向にある背景の一つに、「子どもたちの性の知識不足」があります。

 

日本の性教育は、欧米といった教育先進国だけでなく、アジアの国々と比べても遅れているのです。

 

学校に頼るだけではなく地域の産婦人科が一歩踏み出せば、子どもたちの未来を守るお手伝いができるかもしれない。

 

そんな熱い想いを胸に、伏古レディースクリニックでは10年前から地域の小学校や中学校に出向いてボランティアで【いのちの授業】を行っています。

 

PTAや家庭教育学級の保護者向けに、【家庭で出来る性教育講座】も行っています。

 

クリニックの【助産師が行う思春期脱毛】でも子どもたちから性に関する質問を受けています。

 

『生理は順調?困ったことはない?』とか『あの友達と仲直りした?』
なんて、何気ない会話をきっかけに悩みを話してくれることもあります。

 

親には言えないけれど、性について相談できる相手を探している子どもたちは多いです。

 

子どもたちにとって信頼できる大人がそばにいて、気軽に話せる関係を築くことが、予期せぬ妊娠や性被害から彼らを守ることに繋がるはず。

 

相談に訪れた中学生は言いました。

 

『ここに来たら相談にのってくれると聞いたから…』

 

中学生は妊娠検査で陰性を確認し、避妊についての話を聞いて帰宅しました。

 

すべては子どもたちの幸せを守るため。

伏古レディースクリニックは今日も頑張ってます(^^)/

 

子供の成長

こんにちは、臨床工学科のCです。

今年の冬は雪がすごいですね、、雪はもうお腹いっぱいです。。。

我が家では長男が5歳になり、初めてスキースクールに通わせてみました。
遊んだりしてても疲れたら、すぐや~めたって言ってしまうのでちょっと心配でした。。。
できるかな~?やめるって言わないかな~?とハラハラしながら見ていましたが、コケてもめげずに一生懸命やっていました。

そんな光景を見て子供の成長を感じ、なんだか少し感動してしまいました。

 

 

スクールは1~2名の少人数開催で、ほぼマンツーマンでした。
バリバリ指導してくれたので、終わって帰るときには子供は疲れてヘロヘロ(笑)。
初日でしたが、なんとなくちょっと滑れるようになっていました。
まだまだ一緒に滑れそうではないですが、いつか一緒に滑りたいなぁと思っています。

子供はスクールのスタッフが見てくれていたので、僕たちは僕たちでスノーボードを楽しむことができました。
前日夜~当日朝まで雪が降っていたのでゲレンデはふわっふわのパウダースノーになっていて、すごく楽しかったです!
スピードを出しすぎて転んでしまったのもいい思い出です。

 


 
スキーやスノーボードはソーシャルディスタンスが保ちやすいので、このコロナ渦でも楽しめていいですね。

皆様、こんにちは。
ひだまり 生活相談員 Hです。
もう3月、少しずつ春が近づいてきていますね。
2月は、雪・雪・雪…雪の記憶しかありません 笑
今も住宅街の道路はデコボコ道で、歩くのも車で走るのも、毎日苦労しています。

2月は家の前に、こんな山と坂が出来ました。

 


 
仕方がないから雪像を作って、少しでも楽しく過ごそうと試みていました 笑
ネコを作ったのですが、なんか微妙 笑

 


 
早く、早く春が来て欲しい!!心からそれを願うばかりです。

 

2021年4月

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会