こんにちは。ひまわり通所のKです。
先週は、10年に1度、今季最強の寒波に見舞われた札幌ですが、そんな寒い時期にぴったりの優れものが、この冬ひまわり通所リハにやって来ました。

その名も「暖暖ふっと」!
温めたセラミックボールから発せられる遠赤外線で足を温める事で全身が温まる、という足温器です。
ひまわりではこれを「足ぽかぽかマシン」と命名して、フィットネスコースフロアに設置しています。

 

 


 

使用した利用者様からは、「家に帰ってからもポカポカが続く」「夜ぐっすり眠れた」等の嬉しい感想をいただいています。

冬は温泉が恋しくなりますが、利用者様の中には行きたくてもなかなか行けないという方も多いです。そんな皆さんにも、ぽかぽかマシンでほっこり幸せな時間をお届け出来ればと思います。

放射線科NTです。

今回もレントゲン機器の更新の続きをお伝えします。
前回はX線を出す側の工事の様子でしたが、今回はX線を受ける側の話です。
そもそもレントゲン写真は、人体を透過したX線をフィルムで受けて写真にしていました。
昔のアナログカメラと似ています。
今は写真もデジタルが主流で、レントゲン写真もほぼデジタルです。
当院のレントゲン写真もかなり前からデジタルでパソコンのモニターで診断しています。
ただ、デジタルの写真になる前に、アナログからデジタルに変換する作業が必要でした。
それが今回の更新でそのひと手間が無くなり、体を透過したX線を直接デジタルで受ける事が出来るようになりました。

 

 

 

見た目はカーボン調の黒い板です。

もともとデジタルだしあまり変わってないと思われるかもしれませんが、これがかなり大きな進化なのです。
今までよりも少ないX線できれいな写真が撮れ、撮った写真も数秒で確認できます。
撮影室内にあるiPadでも画像が確認できます。

 

 

フィルムを変える必要もないので、整形の撮影など何枚も写真を撮る時は、検査時間も大幅に短縮できます。
病室で撮影する際も、ノートパソコンと一緒に持っていき、撮影後直ぐにパソコン画面で確認できます。
患者さんの負担も軽減されますし、撮影する側の負担も軽減されます。

レントゲン機器がどんどん進歩していくと、ボタンひとつで全身のレントゲン写真が撮れる時代が来るかもしれませんね。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
ひまわり栄養課Wです。
さて、今年も早や2週間が過ぎました。
先日は、各地で成人式が行われていましたね。
私が成人を迎えた時は(かなり遠い記憶ですが)
失敗を恐れず、色々なことに取り組みたい、とワクワクした
気持ちを抱いていたと思います。
今年はその時を思い出し、
干支の「うさぎ」にちなんで
私自身もピヨーンと飛躍の一年にしよう!!と決意したところです。

と、何を始めるにも食事が基本。
写真は先日の昼食「カツカレー」です。

 

 

カツカレー、かつカレー、勝カレー・・・(笑)
今年は良い一年になるような気がしてきました。

こんにちは、介護事業部のKです。

今回は、キャンプ関連では無く、、、我が家の犬紹介です。
キャンプは全然いけてなくてネタがありませんでした(笑)
我が家のワンちゃんは、2匹おりまして、茶色と白が「そら」と黒白の方が「うみ」です。

 

 

「そら」は、おじいちゃんなのでのんびり屋です。しかし、散歩の時だけは豹変して連れて行けと飛び掛かってきます(笑)運動量が落ちてきて徐々におデブさんになってきているこの頃です。
散歩の時にスタミナ切れしているのはそのせいかも(笑)

 

 

「うみ」は、おてんばって感じでしょうか。寒いのは苦手なので、散歩の時は行きたくなくて部屋の奥へ
逃げていきます、、、
夜寝ているとなぜか僕の股の間に入ってきて寝ています。なので、僕は足を開いた状態で寝ているのです。。。

 

 

2匹とも仲良しで、帰ると玄関に出てきて出迎えてくれる可愛いやつらです。

仕事があるので、週末しか散歩に連れていけないのが申し訳ないなと思いながら、今年は一緒にキャンプに連れて行こうと思っています。

次回以降、どこかで2匹と行くキャンプもご紹介できればと思っていますのでお楽しみに!

12年前の今頃

こんにちは。感染対策室のMです。
もうすぐ2022年が終わりますね。皆様にとってこの1年どんな年だったでしょうか?

さて、今上映されている映画『アバター~ウェイ・オブ・ウォーター』ご覧になりましたか?
実はこの映画に出ている『ネイティリ』は…
何と!!

 

 

何と!!

 

 

 

私だったのです(*^^)v

 

 

 

豊生会の望年会では恒例行事となっているDVDの上映があります。

2010年は『アバター』を上映しました。

皆若い!!懐かし~

 

 

ここ数年望年会は開催できませんでしたね。にっくきコロナ!!早くみんなで集まれる日が来ますように。

 

 

今年度はコロナだけでなくインフルエンザも流行の兆しを見せています。

手指衛生、マスク着用等感染対策のご協力よろしくお願いします。

 

では皆様良いお年を(^^

 

 

ライフプランセンターひまわりのKです。

今週末はクリスマス。今年はどんな1年でしたか?

今年もまた過ぎ去って、新しい年が始まります。

寂しいような、楽しみなような気持になる年末です。

 

さて、私たちの事務所は大きな通りに面していることもあり、殺風景な景観にならないようにとあれこれ工夫しています。

すっかりお馴染みとなりましたが、夏は花を育てていました。

しかし、この冬はどうしたものかと思案していました。

するとどうでしょう。

ステンドグラスが登場しました。

お隣の『老健ひまわり 通所リハビリテーション』に通われている利用者さんが

作業療法の一環で取り組まれた作品を提供してくれました。ありがとうございます!

素敵です。

 

 

 

 

外勤が多い私たちですが、さむーい外から帰ってきたときに見えるステンドグラスに、心を温めてもらっています。

医療連携相談室のIです。

今回は本の紹介をさせていただきたいと思います。

高次脳機能障害の支援拠点病院である「北海道大学病院」のリハビリテーション部が監修し、作成された本になります。タイトルは『今日はくもり、明日は晴れ~みんなが読める、高次脳機能障がい7人の物語~』です。
こちらは、クラウドファンディングにて、制作のための基金を集め、今年発刊となりました。作成には障がいのある方が働く就労支援事業所も関わっています。

 

 

「高次脳機能障がい」は、交通事故や脳血管疾患をきっかけとして脳の一部が傷ついたことにより生じるもので、その症状は様々です。
高次脳機能障がいとは、物事を覚えたり、感情をコントロールしたり、効率よく作業を行ったりなど、社会生活を送る上で大切なことが、うまく行えなくなってしまう障がいです。入院中に判明するケースもありますが、急性期での治療が終了し、自宅などに退院されてから顕在化される場合も多いです。
全国には、およそ30万人ほど存在しているといわれていますが、障がいの分かりにくさからか世間の認識が不十分な障がいの1つです。障がいのあるご本人自身、自分が障がいであるという認識がなかったり、ご家族や周囲が受傷前の本人との違いに悩み、苦しむことが多いです。

私自身、もっとこの障がいのことを広く知ってもらえるような世の中になったら…という思いで読みました。私の家族にも高次脳機能障がいの者がおり、家族の立場としても非常に読みやすい本だなと感じました。

ぜひ、興味のある方はお手に取ってもらえたら嬉しいです。一般的な本屋さんには置いていないため、購入できるホームページのアドレスを記載しておきます。こちらは制作に携わった就労支援事業所が販売を担当しています。
アドレスはこちらです⇒https://kokopro.official.ec

冬の編み物

お疲れ様です。
情報企画課A部です。

すっかり寒くなりましたね。
豊生会のホームページも冬バージョンに衣替えしました。
サンタクロースが飛んでいますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

さてさて
今シーズンも編んでいますよ!

 

 

この毛糸はアイスランドからやってきました。
太くて暖かいのに、とっても軽い毛糸です。

まずは見頃と袖を編んでいきます。

 

 

ここまできたら、全部を合体して襟周りの模様を編み込みます。

で、できあがったものがこちら。

 

 

あとは細かいところを仕上げて、一度水に通します。
そうすると網目がきれいに整うんです。

 

 

どうですか?
寒がりなので丈を長めにしてみました。
自分で編めば、サイズも自由自在です。
これからが冬本番。
編み物してみませんか?
楽しいですよ☺

こんにちは。病院 栄養管理科 管理栄養士のAです。

11月に入り気温もぐっと下がり、今年は昨年のように大雪に見舞われる事が無い
様に…と願うばかりです。

昨年の事….。
大雪過ぎて、積もった雪の壁…。
何とか仕事に行かねばと必死でした。

 

 

大雪で隣の家との境目がなくなり、我が家の庭にきつねが自由に行き来し、
一休みしこちらを見ていました。目が合っても居座って1時間くらい滞在していました。
今年は野生の来客が来ない事を祈ります。

 

W杯初戦、日本代表がドイツに逆転勝利!おめでとうございます!

昨夜は盛り上がりましたね〜

こんにちは!伏古レディースクリニックのIです。

突然ですが皆さま、アイスはお好きですか?

私はアイスクリームが大好きです。

『ラクトアイスやアイスミルク』では駄目です。

『アイスクリーム』が好きなんです。

え、何が違うのかって?

私たちが普段食べているアイスには、厚生労働省が定めた種類があるのをご存知でしょうか。

『アイスクリーム』とは、乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもの。

『アイスミルク』とは乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 入っているもの。

『ラクトアイス』とは乳固形分3.0%以上入っているものを言います。

先日、その話を得意げにするとスタッフ達からは、

『またまたまた〜違いがわかるフリしちゃって!』

『何を食べても一緒でしょう!』

『目をつぶって食べたら絶対わからないって!』 と、散々な言われよう。

いやいや、何を仰いますか!よし、それならば食べ比べをしてみよう!

と、買って来ました!アイスクリームとラクトアイス!

ジャジャーン!

 

 

食べてみました。

目隠して、口に運ぶ。目隠しして、口に運ぶ、、、

 

 

さて、判定は、、、

1、バニラティエ (ラクトアイス)・・・・・・・・・正解

2、ソフ(アイスクリーム)・・・・・・・・・・・・・正解

3、スーパーカップ(ラクトアイス)・・・・・・・・・正解

4、モウ(ラクトアイス)・・・・・・・・・・・・・不正解

5、ハーゲンダッツ(アイスクリーム)・・・・・・・不正解

6、牧場しぼり(アイスクリーム)・・・・・・・・・不正解

7、バニラアイス(ラクトアイス)・・・・・・・・・不正解

8、レディーボーデン(アイスクリーム)・・・・・・・正解

 

正解率は驚きの 50% !!!!!

 

大好きなハーゲンダッツすら間違えてしまいました。(+_+)

スタッフからは『口ほどにもないやつだ!!』と言われ、

明日からは格付け番組のようにゴザに座って、トイレのスリッパで働く予定です(冗談です🤭)

こうして実験は終了。

伏古レディースクリニックの昼休みが終わりました。

さあ!午後も笑顔でがんばろう!

2021年4月

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会