その他の最近のブログ記事

こんにちは。
情報企画課のA部です。

豊生会グループの大規模デイサービスセンター エルパサに秋元市長がご来訪されましたのでお知らせします!
エルパサは、AI技術の活用・リハビリ・介護予防など、新しい形のシニアトレーニング施設として注目を集めております。

 

■次世代型デイトレセンター エルパサ
URL:https://lilepark-sapporo.com/
〒007-0809 札幌市東区東苗穂9条3丁目1-40
TEL:011-790-5536 (日曜定休)

 



■大規模デイサービスセンター エルパサの特徴を説明させたいただきました。

 


■パン作りコーナー
ご利用者様のパン作りの様子を見学されました

 


■ご利用者様との交流

 


■記念撮影
このあと施設利用者様とも記念撮影していただきました。

 

お忙しい中ご来訪いただきありがとうございました!

手作り大好き、情報企画課A部です。

雪も解けてすっかり春ですね。
編み物も春夏シーズンに突入です。
今年は何を編もうかとワクワク思案中です。

近頃お店なんかでモチーフ編みのセーターやバッグを見かけます。
今年のトレンドなのかもしれないですね。
ちなみにモチーフ編みとは、四角や丸い模様を編んだモチーフをつなぎ合わせて作るものです。

数枚を繋げてちょっとした敷物とか・・・

 

 

たくさんつなげて・・・

 

立体的なモチーフで飾り付けたカーディガンとか

 

↑これらは何年か前に作ったものです。
次回の更新の時には、新作が紹介できるといいなぁ( ^ω^ )

『生理が2カ月以上遅れているんです。助産師さんと話せますか?』

 

先日、女子中学生がクリニックを訪れました。

 

『食欲がなくて吐き気がする。』

『親には秘密だけど、性交渉の経験があります…。』

 

新型コロナウィルスの影響で休校になった自粛期間、10代の妊娠相談が増加しているそうです。

 

『妊娠したかもしれない、どうしよう…』

 

当院にもそうした不安を抱えた若者たちが相談に来ます。

 

10代からの「予期せぬ妊娠」の相談や、性被害に遭う子どもが増加傾向にある背景の一つに、「子どもたちの性の知識不足」があります。

 

日本の性教育は、欧米といった教育先進国だけでなく、アジアの国々と比べても遅れているのです。

 

学校に頼るだけではなく地域の産婦人科が一歩踏み出せば、子どもたちの未来を守るお手伝いができるかもしれない。

 

そんな熱い想いを胸に、伏古レディースクリニックでは10年前から地域の小学校や中学校に出向いてボランティアで【いのちの授業】を行っています。

 

PTAや家庭教育学級の保護者向けに、【家庭で出来る性教育講座】も行っています。

 

クリニックの【助産師が行う思春期脱毛】でも子どもたちから性に関する質問を受けています。

 

『生理は順調?困ったことはない?』とか『あの友達と仲直りした?』
なんて、何気ない会話をきっかけに悩みを話してくれることもあります。

 

親には言えないけれど、性について相談できる相手を探している子どもたちは多いです。

 

子どもたちにとって信頼できる大人がそばにいて、気軽に話せる関係を築くことが、予期せぬ妊娠や性被害から彼らを守ることに繋がるはず。

 

相談に訪れた中学生は言いました。

 

『ここに来たら相談にのってくれると聞いたから…』

 

中学生は妊娠検査で陰性を確認し、避妊についての話を聞いて帰宅しました。

 

すべては子どもたちの幸せを守るため。

伏古レディースクリニックは今日も頑張ってます(^^)/

 

お疲れ様です。
手作り大好き情報企画課A部です。

すっかり寒くなりましたね。
私の冬の楽しみと言えば、編み物です。
早速今季1枚目のセーターが完成しました。

 

 

9月下旬から編み始めて今月上旬までかかりました。
びっしりと模様の入ったなかなかの大作です。
このような模様はアラン模様と言われています。
北欧の漁師さんの奥様方が豊漁と安全を祈って縄や自然をモチーフにして編んだものが
今に引き継がれているそうですよ。

一本の糸からいろいろな模様が出来上がるって、なんだかとっても楽しいんです。
編んで楽しい、着ても嬉しい!
手作り、楽しいですよ!

元町総合クリニックのLです!今年の暑さは厳しかったですね…。
なかなか忙しい夏だったのと、日差しに負けてほとんど庭に出ていませんでした。

久しぶりに様子を見に行ってみたら…
花壇の様子がなんだかおかしい。



どーん。

え…なんでカボチャが生えてるの…。

千日紅か何か植えておいたはずなのに…。

おまけに隣のつるバラを覆うほどの茂り方。

どうやら、去年の秋に堆肥置き場に捨てたカボチャのタネが、堆肥を入れた先で発芽したようです。

面白いのでそのままにしておいたら、花が沢山咲きました。



かわいいです。
浴衣の柄でこんなのがあったら素敵でしょうね。

ところで…
ズッキーニの花は食べたことがあるけれど(ズッキーニのフリットとかのオシャレ料理)、カボチャの花はどうなんでしょうか。

同じウリ科カボチャ属、イケる気がします。



お皿に載せたら食材に見えてきました。
うん、イケるイケる。
これはオシャレ食材だ。

調べてみたら、カボチャは雄花がつきすぎるので摘んで調理するレシピが色々あるようです。
オシベは取り除いてもそのままでも良いようだったので、つぼみの形を壊さぬよう取り除かずに調理してみました。



適当な衣をつけて揚げてみました。



お?
色が綺麗だし美味しそう。

しかし、未知の食材をいきなり3個も食べるのは気が引けます。

傍にいたオットも巻き込もうと勧めてみましたが、残念ながら断られてしまいました。

仕方がないので1人で試食しました。


うん、特に味はないけど歯触りがいいし、ほろ苦くてなかなか良い感じ…

うぇ…苦…、

なんかだんだん苦くなってきた…

あああっ、めっちゃ苦い〜!!!

口が開きっぱなしになるほどの苦味に出会ったのは久しぶりでした。

と、いうことで1回目のカボチャの花クッキングは失敗に終わりました。

でも苦味があるのはほぼオシベの根元だけだったし、その後もどんどん咲く花がなんだか惜しい…

ということで、懲りずに2回目に挑戦。

今度はオシベを取り除き、ほうれん草と一緒にニンニク入れてオリーブオイル、おまけに味塩コショーで炒めてみました。



アラ、綺麗。

粉チーズをパラパラしたら、オットも子供も喜んで食べてくれました。

ふっふ、ニンニク&チーズは最強ですね。
いや、本当に偉いのは味塩コショーかしら…

2回試したところで興味が満足し、その後は野放図にしていたところ、今やちょっとしたグリーンカーテンに育っています。

来年はオシャレ花壇を諦めて、初めからキュウリでも植えてみようかと思います。
ゴーヤは子供が食べないので…

ところで今回のミラクルを起こした堆肥置き場の話、この他にもいろいろ超常現象が起こっているので次回も続きます…。

以上、特に誰かにつぶやく機会もない『ひとりごと庭物語』でした。
では皆様また👋

こんにちは。

ひまわり健康俱楽部のTです。

前回のブログで、自慢のテントを公開しました。あれから何カ月が経ったでしょうか。

行ける月は月に1回ペースでキャンプへ行っておりますが、まん延防止や緊急事態宣言で

なかなか行ける状況にはありません。。。

そんな中でも、毎日携帯を見ながらキャンプギアを物色している訳ですが、ついついポチってしまった物や誕生日に後輩から頂いたもの等で結構、増えてきました。

行ける日を待ちわびる様に、車のトランクのキャンプギアだけが増えていきます(笑)

という訳で、一部をご紹介!

 

 

これは、登別の鉄筋屋さんが作っているテーブルです。あるお店で見かけて一目ぼれしてしまい、その場で発注しました(笑)違うサイズも欲しい今日この頃。。

 

 

後輩からの誕生日プレゼント!小さいのに意外と明るい!お気に入りです。

 

原稿を作りながら、緊急事態宣言が終わったらどこへ行こうか、次はクーラーボックスを買おう!等と、考えています。新しいテントも欲しいし物欲が止まりません。。。

 

次はちゃんとキャンプに行った時の写真を載せて、物だけ持ってて実際行ってないんだろ!?と思われない様にしなければと思います。

 

では次回、ちゃんとキャンプに行っていた編でお会いしましょう!

Flower Child

ライフプランセンターひまわりです。

暑かった夏も終わりに近づき、少しずつ涼しくなってきたでしょうか。

リハビリ・医療・介護総合相談センターと言えば事業所前のお花が目印。

今回は、そのお花たちに愛情をたっぷりと注ぎ、毎日手入れしてきた舞台裏を

ちょっとだけお伝えします。

始まりは5月。精鋭部隊の3名が黙々と植え込みを行いました。
 


 

7月にはアサガオも順調に伸びてきました。
 


 

そして8月、毎日注がれた愛情をたっぷりと受け、暑さに負けずまだまだ元気に

咲いています。
 

 

誰から褒められるわけでもなく、毎日黙々とお花の手入れを続ける担当者たち。

今回の投稿を機に、お花係の職員にも皆様からのお褒めの言葉や、リアクションといった

愛情が注がれることで、彼らがより一層輝いてくれることを期待しております。

外出や旅行もなかなか行けない時期ですが
食べ物でいった気分を味わってみようと
こちらを作ってみました。

道南乙部町の
ラーメン 嶋
しおとんこつラーメン

 

 

ラーメン 嶋はGoogleのレビューでも高評価のお店です。
そのラーメンが手軽にお家でいただけますよ。
1箱に2人分の麺とスープ、あと

 

 

乙部町のカードも入っています。
こんなところがあるんですね。
ぜひ行ってみたいです( ^ω^ )

そして出来上がったラーメンがこちら。

 

 

トッピングに煮卵、チャーシュー、たたいた梅干しを入れました。
こってりなのにあっさりで、いくらでも食べられそうな感じでしたよ。
コロナ感染が落ち着いたら、乙部町まで食べに行ってみたいなー( ^ω^ )

 

こちらの商品はニルスの会が運営するD.Facoryの物品販売で取り扱っています。
その他海産物加工品やブルーベリー、災害備蓄品も取り扱っていますので
ご興味のある方は下記までお問合せくださいね。
D.Factory
営業日/平日のみ(土・日・祝休み)  営業時間/8:00~17:00
札幌市東区東雁来12条4丁目1番6号
TEL011-374-8760
FAX011-374-8767

こんにちは!ひだまり 生活相談員 Hです。

最近は暑い日もチラホラあって、マスクをしているのが窮屈に感じる日が出てきました。

やっぱり暑くなるとキツイ…。密にならない場所で、屋外だったらマスクを外したり、色々自分で調整して、この夏を乗り越えたいですね。

さてさて、季節的には、キャンプや屋外での活動が気持ち良い季節で、何となくウキウキするのですが、まだまだコロナ禍で、色々制限もあって、心から楽しめないような状況が続いていますね。

「キャンプなら密になりにくいし…」と思って企画しようとしますが、週末はキャンプ場も混雑していたり、予約がなかなか取れない状況もあったり、かといって平日に完全なソロキャンプ…にはまだ手が出せずにいます。

やっぱりキャンプは、家族や友人たちとワイワイ賑やかにしたい気持ちになってしまうんですよね…。だから、今はやっぱり我慢の時かなとグッとこらえています。

余市にある母親の実家が今は空き家になっていて、昨年までその庭で畑をしていました。元がブドウ農家だったので、土地だけは広い 笑

そして、古い家ですが、電気と水道が使えるので、けっこう便利に使っていました。しかし!なんとこの冬を越したら、水道が壊れてしまっていて、現在水が使えなくなっているらしいのです…。

どうしてもキャンプ場が取れない時は、余市かな~と、もくろんでいたので、ちょっとがっかり…。水道をなおすか…水を頑張って持ち込むか…。また新たな悩み事(?)が増えました。

まあ、いずれにしても、このコロナ禍が落ち着かないと、何もできませんので、キャンプの事を妄想しながら、キャンプ道具を増やす事に専念しようかなと思います。散財注意ですが…。何を買おうかな~!!

これは昨年その余市の家の前でキャンプした時の写真です。朝、炭を使うのが面倒で、ガスコンロで調理しましたね 笑

 

映像研究会のKAMEです。

5月11日(火) 『サラメシ』シーズン11・第5回 ~病院専務の押しかけ弁当編~

皆さん  ご覧いただけたでしょうか?

放送後は東苗穂病院ホームページのアクセス数2000越えという通常の10倍という反響でした。テレビの力の大きさにびっくりでした。\(◎o◎)/

 

放送も終わりましたので、サラメシ撮影の秘話をお話します。

撮影を担当することになった映像研究会

コロナ禍ということでZOOMにて初回打ち合わせからスタートしました。

 

打ち合わせ準備中  (^_^)V

金井ディレクター・真田ADさんとZOOMで打ち合わせ中。(^-^)

郵送されてきた撮影用カメラを取りだし中です。

 

 

撮影は順調進みました。

 

撮影の最終日!

ZOOMを使った撮影となり、撮影終了後は金井ディレクターさんと

記念撮影をしました。

コロナ禍ならではの記念写真となりました!

パソコン画面が、お世話になった金井ディレクターさんです。(^з^)-☆

 

 

撮影~編集期間、ディレクターの金井さん、ADの真田さんと電話やメールでやりとりをさせて頂き、番組が完成となり、全国に放送されました。パチパチ\(◎o◎)/

 

そしてなんと!

先日、NHK様より出演者・映像研究会に

番組DVDと番組記念品がと届きました。

 

 

記念品はサラメシのお弁当包みとお箸でした。!(^^)!

 

 

 

記念品にも感動したのですが

ラッピングに付けられていたタグに書かれたイラストにほろり。(;_;)

AD真田さんが描いてくださったものでした。

丁寧に書かれたイラストは、今回の撮影のいろいろなことが思い出されるもので

うるうる (TдT)  感動!!

是非、皆さんにもじっくりと見て頂きたいです。

 

 

サラメシ撮影・放送はコロナ禍での豊生会の明るいニュースとなりました。

映像研究会も活動自粛が続く中に、なんとHNKさんよりオファー?() を頂き、

夢のような体験をさせて頂きました。

映像研究会が活動できる日が来ましたら、今回の撮影で更にレベルアップした?映像研究会が皆さんに楽しんで頂ける映像を制作したと思います。

最後に

お世話になったディレクターの金井さん、ADの真田さん、貴重な体験をありがとうございました。

これからもサラメシ 応援しています。(^_^)/~~~

 

最後に前回のブログで紹介できなかった専務さんのお弁当写真です。

おいしそう!!(●^o^●)

 

2021年4月

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会