『生理が2カ月以上遅れているんです。助産師さんと話せますか?』

 

先日、女子中学生がクリニックを訪れました。

 

『食欲がなくて吐き気がする。』

『親には秘密だけど、性交渉の経験があります…。』

 

新型コロナウィルスの影響で休校になった自粛期間、10代の妊娠相談が増加しているそうです。

 

『妊娠したかもしれない、どうしよう…』

 

当院にもそうした不安を抱えた若者たちが相談に来ます。

 

10代からの「予期せぬ妊娠」の相談や、性被害に遭う子どもが増加傾向にある背景の一つに、「子どもたちの性の知識不足」があります。

 

日本の性教育は、欧米といった教育先進国だけでなく、アジアの国々と比べても遅れているのです。

 

学校に頼るだけではなく地域の産婦人科が一歩踏み出せば、子どもたちの未来を守るお手伝いができるかもしれない。

 

そんな熱い想いを胸に、伏古レディースクリニックでは10年前から地域の小学校や中学校に出向いてボランティアで【いのちの授業】を行っています。

 

PTAや家庭教育学級の保護者向けに、【家庭で出来る性教育講座】も行っています。

 

クリニックの【助産師が行う思春期脱毛】でも子どもたちから性に関する質問を受けています。

 

『生理は順調?困ったことはない?』とか『あの友達と仲直りした?』
なんて、何気ない会話をきっかけに悩みを話してくれることもあります。

 

親には言えないけれど、性について相談できる相手を探している子どもたちは多いです。

 

子どもたちにとって信頼できる大人がそばにいて、気軽に話せる関係を築くことが、予期せぬ妊娠や性被害から彼らを守ることに繋がるはず。

 

相談に訪れた中学生は言いました。

 

『ここに来たら相談にのってくれると聞いたから…』

 

中学生は妊娠検査で陰性を確認し、避妊についての話を聞いて帰宅しました。

 

すべては子どもたちの幸せを守るため。

伏古レディースクリニックは今日も頑張ってます(^^)/

 

カテゴリ:その他

2021年4月

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会