病院の最近のブログ記事

映像研究会のKAMEです。

5月11日(火) 『サラメシ』シーズン11・第5回 ~病院専務の押しかけ弁当編~

皆さん  ご覧いただけたでしょうか?

放送後は東苗穂病院ホームページのアクセス数2000越えという通常の10倍という反響でした。テレビの力の大きさにびっくりでした。\(◎o◎)/

 

放送も終わりましたので、サラメシ撮影の秘話をお話します。

撮影を担当することになった映像研究会

コロナ禍ということでZOOMにて初回打ち合わせからスタートしました。

 

打ち合わせ準備中  (^_^)V

金井ディレクター・真田ADさんとZOOMで打ち合わせ中。(^-^)

郵送されてきた撮影用カメラを取りだし中です。

 

 

撮影は順調進みました。

 

撮影の最終日!

ZOOMを使った撮影となり、撮影終了後は金井ディレクターさんと

記念撮影をしました。

コロナ禍ならではの記念写真となりました!

パソコン画面が、お世話になった金井ディレクターさんです。(^з^)-☆

 

 

撮影~編集期間、ディレクターの金井さん、ADの真田さんと電話やメールでやりとりをさせて頂き、番組が完成となり、全国に放送されました。パチパチ\(◎o◎)/

 

そしてなんと!

先日、NHK様より出演者・映像研究会に

番組DVDと番組記念品がと届きました。

 

 

記念品はサラメシのお弁当包みとお箸でした。!(^^)!

 

 

 

記念品にも感動したのですが

ラッピングに付けられていたタグに書かれたイラストにほろり。(;_;)

AD真田さんが描いてくださったものでした。

丁寧に書かれたイラストは、今回の撮影のいろいろなことが思い出されるもので

うるうる (TдT)  感動!!

是非、皆さんにもじっくりと見て頂きたいです。

 

 

サラメシ撮影・放送はコロナ禍での豊生会の明るいニュースとなりました。

映像研究会も活動自粛が続く中に、なんとHNKさんよりオファー?() を頂き、

夢のような体験をさせて頂きました。

映像研究会が活動できる日が来ましたら、今回の撮影で更にレベルアップした?映像研究会が皆さんに楽しんで頂ける映像を制作したと思います。

最後に

お世話になったディレクターの金井さん、ADの真田さん、貴重な体験をありがとうございました。

これからもサラメシ 応援しています。(^_^)/~~~

 

最後に前回のブログで紹介できなかった専務さんのお弁当写真です。

おいしそう!!(●^o^●)

 

こんにちは、リハビリテーション部Aです。

 

リハビリテーション部では2020年度から関係機関と連携し、地域住民向けの体力測定会を開催しています。

体力測定会では、握力、歩く速さ、バランス能力、膝を伸ばす筋力、立ち上がりの速さなどを測定しています。さらにIn Bodyという高性能な体組成計を用いて全身の筋肉量も測定しています。

また、リハビリテーション部で作成した「体力測定手帳」に結果を記録し、身体機能の変化が分かるように工夫しています。

2020年度は、当院近隣にお住まいの79名(男性16名、女性63名)の方に参加していただきました。

 

In Body

 

体力測定手帳(表紙)

 

体力測定手帳(記録用紙)

 

2021年度の取り組みとしては、これまでの測定項目に加えて、ロコモティブシンドローム(ロコモ)の評価を追加する予定です。

 

ロコモティブシンドロームとは、

骨・関節・筋肉・神経などの不具合により、立ったり歩いたりするための身体能力(移動機能)が低下した状態をいいます。

 

具体的には、

①立ち上がりテスト(40cm30cm20cm10cmの台で何cmまで立ち上がれるか)、

②2ステップテスト(大股で2歩分の歩幅を測定)、

③ロコモ25(質問紙)

を行います。

 

立ち上がりテスト用台

 

2ステップテスト用マット

 

ロコモの評価を行うことで、より早期に身体機能の低下を把握し、早期に対応することで機能の維持向上が期待できます。

 

今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い体力測定会は実施できておりませんが、感染状況が落ち着いた際には、再開したいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

 

こんにちは、リハビリテーション部Sです。

リハ部では学会発表道中記を出していましたが、2020年から更新ストップしていました。
コロナ禍で全国学会が行われなくなり、寂しい限りです。
こんなご時世ではありますが、前を向いてブログを再開したいと思います。

 

今回は、令和3年度の新入職者の紹介です。新卒10名、既卒4名の14名が新たな仲間に加わり総勢121名の大所帯となりました。
4月中はリハビリテーション部教育プログラムに沿って勉強中です。
昨年は臨床実習を経験できなかったので私達も手探りですが、一人前のセラピストを目指しみんなで一緒に取り組んでいます。

 

次回からは、リハビリの活動や部署紹介もしたいと思います!

 

こんにちは!病院検査科です。

今夜、NHKで放送される「サラメシ」という番組に東苗穂病院が登場します!

 

番組の撮影は3月に行い、病院内の撮影はNHKさんから送られてきたビデオカメラで病院スタッフが撮影しました。私も撮影に参加していたのですが、撮影時間はちょうどお昼休み・・・。美味しそうなお弁当を目の前にしての撮影はお腹の音が鳴りっぱなしでした()

あまりに美味しそうなので撮影班の分のお弁当も専務にお願いしたところ、快く受けて頂きました(^▽^)作って頂いたお弁当の写真もお見せしたいのですが、放送を楽しみにしていてください!とっても素敵で美味しいお弁当でした。

撮影の裏側の様子などはまだご紹介できないですが、後日ブログでお話しできたらいいなと思っております。

 

 

放送日の詳細は以下の通りとなります。
『サラメシ』シーズン11・第5回 ~病院専務の押しかけ弁当編~
OA:5月11日(火)220022:27 NHK総合にて全国放送(沖縄を除く)

再放送 :5月13日(木)12:1512:38 NHK総合テレビ全国放送
再々放送:5月16日(日)08:2508:52 NHK総合テレビ全国放送

放射線科NTです。

今回は豊生会元町総合クリニックに導入された、新しい放射線機器を紹介したいと思います。

それはこちら、移動式のレントゲン撮影システムです。

 

 

持ち運びができるX線発生器と従来のフィルムの役割をするフラットパネルディテクターを組み合させて、どこでもレントゲン撮影が出来、しかもその場で撮影した画像を確認することもできるシステムになっています。

この機械を使って、訪問診療に行ってる施設やご自宅でレントゲン撮影をする事が出来るようになりました。

もともと、訪問診療を利用されていう方は病院に通院する事が難しく、なかなか検査を受ける事が出来ません。

検査を受ける際もご家族や施設の方が、日にちや時間を調整して付き添わなければならず大きな負担となります。

そこで、撮影に必要な機材一式、施設やご自宅まで運んでその場で撮影できるのは患者さんにとってもご家族にとってもかなり負担が軽減されると思います。

何より、診察の時にレントゲン写真があるので診断の質の向上にもつながります。

 

もちろん今回導入したのは最新の機器で、撮影した画像もレントゲン室で撮影するのと遜色ありません。

 

実際の撮影は、こちらのフラットパネルディテクターと言われるフィルムの代わりになるものを背中にひいて上からレントゲンを照射して撮影します。

 

 

 
撮影後すぐにこちらのパソコンに画像が出てきます。

 

 

患者さんに咳や腹痛などの症状がある時などは、先生と同行し撮影する事でその場で診断し速やかに治療に移る事が可能です。

まさに、患者さんのそばまで行って診察する移動クリニックといった感じでしょうか。

 

現在元町総合クリニックの患者で撮影条件の確認、撮影可能人数等の確認を行っております。今後は他のクリニックとも連携を取り、多くの方に活用していきたいと思います。

看護部のKAMEです。
コロナ禍でまだまだ家で過ごす時間が多いですね。
皆さん何をして過ごしていますか?
ちょっと癒される絵本のお話です。
ヨシタケシンスケは有名な方のようなので
お子さんがいる方はご存知かと思います!
絵本の読み聞かせをしたのはかな〜り昔で(笑)
偶然知った「おしっこちょっぴりもれたろう」

男の子を育てたことのあるお母さんたちが読むと
そんなこともあったなぁと可愛かった息子さんのことを思いだしますよ。( •̀∀•́ )✧

 

 

この絵本のオチは
おじいちゃんが実は自分も…と
孫に打ち明けるのです。(≧∀≦)
ここはなんとなく、リアルで苦笑しましたが
何度読んでも可愛い(*˘︶˘*).。.:*♡
 

 

ヨシタケさんのこの3冊もおすすめです。(*’-‘*)ノ
どれも、フッと笑ってしまうというか
気分転換、なんだか優しい気持ちになれます。
ヨシタケさんワールドを是非皆さんも体験してほしいでください。

 

 

本屋さんで見つけたら
ちょっと手に取ってみてください。(*’-‘*)

 

 

放射線科NTです。

今週は氷点下の寒い日が続いてますね。
ただ、急に気温が高くなる日もあったりして寒暖差が大きくなると体調を崩しやすいので気を付けたいですね。

さて、昨年の話ですが東苗穂病院にうれしい贈り物が届けられました。
それは手作りの医療用エプロンで、届けてくれたのは開成中学校ボランティア局です。
病院看護師主任の娘さんが所属している活動グループで、3年生が中心となって作成してくれたそうです。
1枚1枚にメッセージが書かれて、とても丁寧に作られています。

病院では熱のある患者さんにはエプロンや手袋をつけて対応しています。
レントゲンやCT検査の際もマスク、フェイスシールド、エプロン、手袋を着け、感染対策に気を付けながら撮影しています。
毎回つけては外しと手間がかかりますが「感謝しています」等と書かれた手書きのメッセージを見ると、気を引き締めてしっかりやらなきゃと思います。

開成中学校ボランティア局のみなさん、本当に有難うございました。

 

 

看護部のKAMEです。

私はチーズが大好き。特にモッツァレラチーズ❤

コロナで家でゴロゴロしているのでチーズ作りに挑戦してみました。

チーズ作りにはレンネットというものが必要なのですが

これはAmazonで購入が可能❗

主材料の低温殺菌牛乳も東苗穂ジャスコで手に入ります。

チーズ作りは温度管理とPHの管理が必要ですが思ったより簡単です。

1日がかりの作業ですので、コロナ自粛生活にぴったりです。

夏場はフレッシュチーズのモッツァレラチーズ作り。

11月で気温が下がったのでセミハードのチーズ作りにも初挑戦しました。

昨日、1ヶ月間、大切に熟成したチーズが完成(*’-‘*)

 

 

牛乳2リットルで13CM×10CM、 厚み3CMほどのチーズが出来上がりました !(^^)!

家族で試食をしました。大好評でした。

興味のある方は↓↓

https://www.peatshop.com/smoke/cheese-recipe.htm

こんにちは!病院検査科です。

最近知ったのですが、東苗穂病院の近くの路上で野菜販売をしているところがありました。(もう今シーズンの販売は終わってしまったそうです・・・)そこではジャガイモや南蛮と一緒に「乾燥とうもろこし」が販売していました!

加熱するとなんとポップコーンになるそうで、我が家でもやってみました。

 

 

乾燥とうもろこしの表面に油を塗って、紙袋にいれてレンジで加熱しました。(うちのレンジだと500W2分くらい)加熱し始めて1分くらいするとレンジの中でポンッポンッとポップコーンのはじける音が聞こえてきます。この音が完全にしなくなるまで加熱しちゃうと焦げちゃうので、いいところでとめてあげます。

 

 

 

・・・するとこんな風にきれいなポップコーンになりました!!実はここまできれいなポップコーンになるまで4本挑戦しました()フライパンでもやってみたのですが、レンジで加熱する方がしっかりはじけてイイ感じになりましたよ(^^)

 

とうもろこしの芯についたままのポップコーンは子供が喜んで丸かじりしながら食べていました★

 

みなさんも乾燥とうもろこしを見つけたら是非やってみてください!

紅葉

放射線科NTです。

 

ここ最近、急に寒さが厳しくなってきました。

うちではとうとう朝暖房を入れてしまいました。

体調管理にも気をつけたいと思います。

このような状況で外出を自粛され、家に閉じこもってばかりだと運動不足になり体力低下が心配されています。

散歩であれば3蜜も避けられ適度な運動が出来ると思います。

私も、今月の週末は天気のいい日が多かったので色々な場所に散歩に行ってきました。

大通公園、旭山記念公園、北大構内と行ってきました。

紅葉も見ごろで良い気分転換にもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会