東苗穂病院 医療連携相談室のIです。
今回はうちで飼っているメダカを紹介します。
10年ほど前になりますが、子供とホーマックに行った時に何気なく魚のコーナーに行きメダカを10匹飼ったことが始まりでした(子供はすぐにメダカに飽きました。そんなもんです)。

ただ水槽で泳がせるのではなく、睡蓮が咲く中で泳がせるのが理想でした。
うちのメダカは屋外で飼っています。陽の光をたっぷり浴びている為かわかりませんが、売られているメダカよりも大きめで色も濃いように感じます。

 

 

今年の夏は連日30℃を超えていて、水温を測ると約40℃ありました。冬は車庫に移しますが稀に水面が薄く凍ることがあります。しかし、氷の下でメダカは生きています。水温変化には適応能力が高いようです。

メダカは水温が20℃以上になると産卵をします。メダカの稚魚のうち、1cmに満たない小さな稚魚を「針子」と呼ぶそうです。成魚と一緒に泳いでいると稚魚は食べられてしまいますが、卵を別の水槽に移すことで、かなりの割合で成魚になります。

 

 

最初に飼ったメダカだけでは満足できず、赤いメダカ、青いメダカ、ヒレ長のメダカなどヤフオクでメダカの卵を落札し、種類も増やして楽しんできました(妻はそんなに増やしてどうするの、と言いますが産まれた卵を捨てるわけにもいかず・・・)。

 

 

何も考えずメダカを眺めていると、とっても癒されます。

 

カテゴリ:病院

2021年4月

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • 医療法人社団 豊生会

  • 医療法人社団 豊生会 採用情報

  • おいらーくの素敵な人々 おじさんがいろいろ思ったこと

  • 社会福祉法人豊生会 特別養護老人ホームひかりの

  • 東苗穂病院 看護部

  • NPO法人 ニルスの会