よくあるご質問 | あんしん在宅医療ネットワーク

Close

よくある質問

Q.1

訪問診療とは、どのようなものですか?

お一人で通院が困難な患者さまのご自宅に、医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に健康管理を行うものです。定期訪問に加え、緊急時には365日×24時間体制で対応、必要に応じて臨時往診や入院先の手配などを行います。また、病気の治療だけでなく転倒や寝たきり、褥瘡の予防や栄養状態の管理など、患者さまが居宅で過ごせるよう総合的にサポートいたします。

Q.2

どの様な人が訪問診療を利用できますか?

お一人で外来受診が難しい方であれば、どなたでもご利用していただけます。
ご高齢の方、認知症の方、麻痺のある方や手術後の方、がんの方、多くの医療機器や医療処置が必要な方など、居宅で過ごすことが難しいと考える重症度の高い方でも利用していただけます。

Q.3

訪問診療はどれくらいの頻度で行うものですか?

患者さまの状態によっても変わりますが、基本的には月に2回の頻度で訪問診療を行っています。病状に応じて訪問診療の回数を増やすことが可能です。

Q.4

訪問診療は曜日や時間の指定はできますか?

訪問日時については、ご希望をお聞きしご相談のうえで決定いたします。訪問日時は基本的には同じ曜日・時間になるよう調整させていただきますが、交通事情などにより15分程度前後する場合がございますのでご了承ください。大幅に遅れる場合等はお電話にてご連絡させていただきます。

Q.5

定期訪問日以外で具合が悪くなった場合、どの様な対応をとってくれますか?

法人にて定期訪問させていただいている患者さまについては、いつでもご連絡下さい。夜間・休日も24時間 365日 医師が状態に応じて適切に判断・対応させていただきます。体調がすぐれない時、また健康状態等で不安を感じた時など、時間を問わずいつでも結構です。
初めての患者さまの場合は、正しい病状が把握できず適切な治療を受けられないことがあるため、救急指定病院で受診することをお薦めすることもあります。

Q.6

薬の受け取りはどうすればよいですか?

院外処方を原則としており、定期訪問時に処方箋をお渡ししております。
かかりつけ薬局をお持ちの方はそちらに処方箋をお持ちいただき、お薬を受け取っていただくか、配達をお願いすることができます。

Q.7

今まで通っていた病院にもかかりながら、訪問診療を受けることはできますか?

もちろん可能です。自宅療養中で病院の専門外来へ数か月毎に通院されているような場合でも、病院の主治医と連携して訪問診療を行うことが可能です。必要に応じて情報提供等もいたします。

Q.8

家で最期を迎えることはできますか?

痛みや苦しみを和らげ、ご自宅で穏やかな最期を迎えることができます。
身体的苦痛や精神的苦痛を軽減し、QOL(Quality of Life)を向上させ、医療的処置(緩和医療)に加え、精神的側面を重視した総合的なサポートをさせていただきます。癌末期などの痛みのコントロールが必要な場合も、貼り薬など使い易い医療用麻薬を使用し痛みを抑えることができます。

Q.9

訪問診療の費用は、外来受診と比べて高いのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。
診療する場所は病院から居宅に変わりますが、保険診療が適用されますので大きく変わることはありません。

施設にお住まいの方

個人宅の方

Q.10

費用の支払いはどのようにすればよいですか?

費用は月単位でのお支払いとなり、請求書を翌月の10日過ぎには郵送させていただきます。お支払方法は(口座振替・銀行振り込み)からお選びいただけます。

Q.11

訪問診療を開始するにはどうしたらよいのでしょうか?

お電話にてお気軽にご相談下さい。訪問診療についてのご説明をさせていただき、ご納得していただいたうえで、初診日を決めさせていただきます。ご依頼についてはご家族さま・ケアマネージャー・主介護者等でも構いません。
主治医の先生がいる場合は、訪問診療を受けたいとの旨をご相談し紹介状(診療情報提供書)をいただいて下さると、治療経過が把握できるので円滑に在宅診療に移行することができます。今まで主治医がいなかった方は、電話でその旨をお話し下さい。

お問い合わせフォーム >

お電話でのお問い合わせ0120-077-630